トップ > LONDON TAXI
2017/11/19 累積走行 204,442km

  ファイル012:【ついてる?運不運】


 まったく幸運と不運って奴は縄の如く絡まって、つまらない毎日にさまざまな味付けをしてくれます。 タクシーなんて商売をしていると、運、不運をイヤと言うほど感じられます。 そもそもタクシーは水商売。 儲かるも、儲からないも、水物です。 「あ〜ツイているなぁ」 とか 「ちぇっ!」 という場面を拾ってみますと。。。

 朝起きると神棚へお参りします。今日も一日無事で走れますように、故障や事故からお守り下さいパンパンと。 この時の柏手の鳴り具合は一日の気分を左右します。 気持ち良く鳴れば 「を!今日は良い日かな?」 っていう具合ですね。
 街を流していると、交差点が必ずやって来ます。 さあ、右に曲がるか? 左に曲がるか? 真っ直ぐ行くか?  他の空車の動きやら、左曲がりの法則やら、他の方々は色々とお考えのようで、人それぞれセオリーなんかを持っています。 例えば “空車の後ろは走るな” という至極当然な話ですが、私においては全く考慮致しません。  気分! それしかありません。 気分次第で空車の後ろに付いて走ることもよくあります。 運が巡ってきている時は、本当に関係なく手が挙がります。 それも長距離のお客さんが乗ってこられるケースも。

 「もう走り疲れた〜」 なんて思っても、ツイている時はお客さんが続々来て、長距離客が付いたりして乗務距離制限オーバーで翌日は運休なんて、よくある話です。

 運、不運は、乗ったお客さんも関係します。 運を持っている人は、ハッキリ出ます。 何故だろうか、いつも必ず引っ掛かるはずの信号が青だったりする。 次も、次も、青だったりする。

 あ〜〜このお客さんは“持っているなぁ”

なんて思います。
逆に、いつもは青の信号なのになぁ〜なんだ信号毎に止まっているよ〜(笑)なんてお客さんは “持ってないねぇ” ということになります。 余計に時間が掛かって、挙げ句にメーターは上がって、お客さんにとっては散々て訳ですね。。。 でも、私のせいじゃありませんよ〜。

 今日はついてないなあ〜と思うことはしばしばです。 何とか運を好転したい、そんな思いから仕事の仕方、角の曲がり方等々“セオリー”が生まれるのでしょう。 お日様が明るいうちはツキが無かったけれど、そういう日は夜にツクんだ、とも言われます。勿論逆も。 運と不運は、必ず同じだけ有るとも言われますね。 ダメな日も、明日は良い日かも知れません。

≪ファイル011へ|TOPページへ|

 

メールフォームからは24時間送信できますが、お返事は営業時間内になりますことを
予めご了承下さい。

タクシーご利用に関するご質問など、どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

横浜シティガイド協会会員
が運転する、特別な個人タクシーのご案内です。

初めて横浜を訪れるお客様には、 特にお薦めいたします。
素敵な景色と楽しいガイドで巡る、
特別な横浜ツアーです。

詳しい内容など、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご予約はお早めに