トップ > LONDON TAXI
2018/03/10 累積走行 218,924km

  ファイル014:【サチ終の御上客〜その2】


 1:13 京浜東北線下り最終電車「サチ終」が到着します。 静まりかえった乗り場には、タクシーのアイドリング音だけが低く響いています。 やや間があって、ゾロゾロと電車から吐き出された乗客達がタクシー乗り場へ向かって歩いて来ます。 ゆっくりと、疲れの滲んだ足取りで歩く背広の男性たち。 一寸小走りに、それらを追い越して急ぐコート姿の若い女性。 皆さん何処までお帰りなのでしょうか。
 煙草を燻らせながら仲間とおしゃべりしていた運転手達も、さ〜て行くか、と各々車に乗り込みます。 そんな毎日変わらない終電の光景です。   

 次々とお客様が乗り込んで、次々とタクシーが出て行きます。 私はかなり後ろの方で、今夜のアブレが確定的なポジションに居ました。 駅のシャッターが静かにゆっくりと降下して、最後のお客様を乗せたタクシーが走り去って。・・・私は先頭から8台目。 お客を諦めたタクシーが一台、また一台と乗り場を去って行き、私は5台目になっていました。

 と或るその夜は、結構強い雨がザーザーと降っていました。
 
 二十歳前後でしょうか?若い男の子が一人、傘も差さずに濡れながら前の車の運転手と窓越しに話をしているのに気が付きました。 何処へ行きたいのでしょうか、運転手は断った様子。 次の車へ、また次へ。運賃交渉でしょうか? 私のところへ来ました。  

男:「あのう、綾瀬へ行きたいのですが、、、」
 キリッとした目でこちらを見つめています。彼の目線が逸れません。私はその強く訴えるような目に何かを感じました。

私:「ずぶ濡れじゃん、まあ兎に角早く乗りなさいな。」
 と、乗車を促して、私は後ろのトランクからバスタオルを取り出し、彼に差し出しました。 洗車時の拭き上げに使う大型バスタオルですが、勿論洗濯済みの真っ白で清潔なタオルです。彼は風呂上がりのようにズブ濡れの頭を拭きながら、スミマセンと一言呟いたようでした。

私:「で?神奈川の綾瀬?東京の綾瀬?」
 どうせ運賃交渉だろうけど、一先ず事情聴取です。
男:「東京の綾瀬なんですが、ここは何処ですか?」
 大阪ではないが西の言葉です。この訛りはどこだぁ?
私:「横浜、桜木町ですよ。寝ちゃったのね? やっちまったねえ。」
男:「はあ、今夜どうしても綾瀬のホテルまで帰らなくちゃいけないのです。でも、一万円しか無くて・・・」
私:「綾瀬のホテル? 一万円? 仕方ねぇ〜なぁ〜」
 そりゃ断られるわ。でも、もう今更『降りろ』とも言えませんでした。

私:「わかった、なんていうホテルなの?」
男:「国際ホテルって言います。」
 ナビはJR綾瀬駅前だと言っています。 所持金一万円。 残りをどう回収しようか、そんな思いが頭をグルグル回ります。 なんかヤバイなぁ〜と思いながらも車を発車させ、首都高速へ。

私:「自宅へ帰るのかと思ったよ、なんでホテルなの?」
男:「明日、就職の試験があるんで、今夜はそこに宿を取っていて・・・」
私:「試験前夜に豪遊か! 良い度胸してるねえ。で、何になるのさ?」
男:「職人になります、建設の。」
 上野で呑んで、したたか呑んで、常磐線と京浜東北を乗り間違えて、、、桜木町。
私:「今夜は送ってあげるけどさー、二度とやるんじゃないよ。」
 残金を半ば諦めて、車は件のホテルの前に到着。メーターは高速含めて16,000円を超えていました。

私:「で、残金はどうするつもりですか?」
男:「運転手さん、」
 彼は万券を手に、申し訳なさそうに切り出しました。
男:「これが最後の一万円なんです。ここで払うと、ホテル代も食費も・・・」
 をいをいをい! なんてこった! 回収不能かよ! と心の中で叫びました。

私:「わかった、自宅は何処なの?」
男:「高知県の○○市です。」
私:「ご両親はそこにいらっしゃる?」
男:「はい、明日には帰りますから。」
私:「そう、それじゃー貸してあげる、料金は後日振り込んで下さい。ご両親に心配掛けちゃいけない、最初の給料まで待ってあげるから必ず振り込むんだよ、いいね」
 彼の運転免許証を控え、自宅と携帯の番号を押さえ、こちらの銀行口座と請求書を書いて発行しました。

私:「とにかく、明日の試験に受かることだね。就職、頑張るんだよ、おやすみ!」
 ・・・ザーザー降りの雨の中、彼は何度も振り返りながら、ホテルの玄関に消えていきました。

   それから3ヶ月位過ぎたでしょうか、銀行から戻った妻が預金通帳を差し出して言いました。
妻:「ねえ、この名前はだれ? 個人名で入金があるよ。」

 あの夜の彼の目は、嘘をつきませんでした。  

≪ファイル013へ|TOPページへ|ファイル015へ≫

 

メールフォームからは24時間送信できますが、お返事は営業時間内になりますことを
予めご了承下さい。

タクシーご利用に関するご質問など、どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

横浜シティガイド協会会員
が運転する、特別な個人タクシーのご案内です。

初めて横浜を訪れるお客様には、 特にお薦めいたします。
素敵な景色と楽しいガイドで巡る、
特別な横浜ツアーです。

詳しい内容など、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご予約はお早めに