トップ > LONDON TAXI
2018/04/03 累積走行 221,942km

  ファイル015:【ラーメン道】


 糖尿病に片足を突っ込んでいる身です。  数字の点で言えば塀の外側なのですが、このまま行ったら確実にヤバイ、いわゆる隠れと言うか、前段階と言うかって奴です。
 まあこれはタクシー運転手の職業病でして、一日中運転席に縛られていて身体を動かさない割に、結構頭は使う商売なのでお腹は減ります。 外食が多くて、ラーメンや揚げ物といった脂肪と糖分の塊をこよなく愛すれば、必然的に高血圧症と糖尿病に突進するわけですね。 同業他車の皆さんは、罪滅ぼしにスポーツジムへ通ったり、せっせとウォーキングに励んだりとそれぞれですが、私は “究極のインドア派” でして、運動なんか真っ平御免被るほうです。 とは言え、家族の手前、このまま糖尿病へ死の行軍を続けるわけにはいきません。 そして何より我が身のQOLを下げて、何のメリットがありましょうや。

 そこで取るべき道は二つ。
 1.カロリー摂取を控えて贅肉の元を絶つ
 2.摂取したカロリーを運動で燃焼させる

 究極の運動嫌いを自負する私が進むべき道は、何の躊躇も無く “前者” ですわな。 ただし、カロリーを闇雲に減らすのは、身体が持ちません。 これは経験で分かっています。 今まで何度もカロリーオフのダイエットには挑戦しましたが、我慢すればするほど、必ずリバウンドが待っています。 でも今度こそ、体重をコントロールしなければ日常生活がキツいし、塀の内側の生活は絶対にイヤです。

 そこで今回は潔く、プロの管理栄養士様のアドバイスを頂戴することにしました。 手元には組合で受けた健康診断の成績書があります。 血液検査結果を握りしめ病院へ行きます。

「糖尿が怖いから食事指導を受けたいです」

と、呪文を唱えれば、このご時世一回500円程度で管理栄養士様に会えます。
 若い美人の栄養士さん(*^_^*)のご登場を期待してドアを開けたら、現れしは、なんとまあ60年漬け?の梅干し婆さんでした。 Orz

 気を取り直しましょう。。。

 まずは面談直前三日間の摂食リストを書かされました。 すると梅干し先生、おもむろに赤鉛筆を取り、スラスラとリストへ食べたカロリーを書き込んでいくではありませんか! 完全にカンペ無し! 全食材を暗記しているのか? そりゃもうビックリ、流石はプロです!  いやはや、良い仕事してますね〜と呆気にとられていると、梅干し先生の強烈なパンチが炸裂しました。

「甘い物、何を食べているのー?」

思えば、コーヒーにはミルクと砂糖タップリで、ブラックなんか飲みません。 缶コーヒー、ミルクティー、アイスクリーム、チョコレート、ケーキに和菓子。。。

「あんた! 真面目に糖尿病が心配なら、こんな物は直ちにお止め!!」

ヒュルヒュル〜〜ピシッ!!っと鞭で叩かれた気分。。。Orz

「朝ごはんのベーコンエッグはハムエッグに替えましょう」
「ソーセージ6本は多いから!2本にしなさい!」
「真夜中にビールでポテトチップ〜? ダメだこりゃ」
「お腹が空いたら野菜ジュースを飲みなさい!」

右から左から容赦ないパンチとボディーブローに曝されます。 まあ兎に角、甘い物と高カロリーはダメよ! と念を押されて、ションボリ下を向いて青コーナーへ帰りました。

 しかし待てよ、ただただ、カロリーを絞っても続かないのは経験済みです。 最近ネット上では所謂 『糖質制限ダイエット』 って奴ですか、カロリー落とさずに糖質を切れ、みたいな議論を多く見かけます。 お腹を減らさずダイエット〜?みたいなチョイ眉唾なんですが一寸これ試してみようか、と。 カロリー至上主義の梅干し先生に、ここは反旗を翻してみましょう。

 さて、一日の食生活を分析します。
朝10時頃起きて朝食、夕刻の忙しい時間が終わった19時頃に夕食、午前3時に帰宅して寝酒とツマミ。 そして間食に甘い物多数。 先ずはこれら間食さん達を切りましょう、って訳でスタートしました。
 天井を決めるため、適正な一日のカロリーはどのくらいかな?と、調べますと2,100kcal程度のようです。 一回の食事で1,000kcalずつ2回ですね。 案外楽勝じゃんか!
 朝食はおかずと野菜にして白飯禁止、これで700kcal程度。 夕食は “やよい軒” の定食です。 このお店は1,000kcalを超えるメニューはまれなので、ここは気にせず食べたい定食を選びます。  「御飯抜きでね」 なんて、野暮なリクエストはしません。 どうせ、調味料や揚げ衣に糖質は含まれるでしょうし、ご飯一膳なら炭水化物も高が知れています。 いくら糖質カットと言っても、全く糖質無しは健康上あり得ません。
 就寝前の “寝酒&ツマミ” は野菜ジュースに転換しました。 仕事柄、神経が興奮して寝付けないことがあります。 アルコールは欲しいのですが “寝酒は百害あっても一利無し” と言われちゃ切らざるを得ません。

 結果は直ぐに体重に出ました。 一ヶ月1kgの減量効果を得ました。 お腹が空いたら野菜ジュース。 それでもダメなら非常食で “茹で卵1個” とかミックスナッツをつまんだり、酒は醸造系から蒸留系へ替えまして量も激減、段々上手になっていくものです。

 前回の栄養士面接から3ヶ月、病院での計量は見事4kg減を達成!  血液検査でも指数0.3ポイントの減少を勝ち得て、梅干し婆さんの鼻を明かしてやりました。

 え? ラーメン道ってタイトルは何故って?

 今回は前座話です。続きは次回へ。  

≪ファイル014へ|TOPページへ|ファイル016へ≫

 

メールフォームからは24時間送信できますが、お返事は営業時間内になりますことを
予めご了承下さい。

タクシーご利用に関するご質問など、どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

横浜シティガイド協会会員
が運転する、特別な個人タクシーのご案内です。

初めて横浜を訪れるお客様には、 特にお薦めいたします。
素敵な景色と楽しいガイドで巡る、
特別な横浜ツアーです。

詳しい内容など、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご予約はお早めに