トップ > LONDON TAXI
2018/04/12 累積走行 223,113km

  ファイル016:【ラーメン道〜その2】


 糖尿病に片足を突っ込んでいる身です。 数字の点で言えば塀から僅かずつですが遠ざかりつつあり、三歩進んで二歩下がる体重抑制キャンペーン真っ最中。 そんな今日この頃です。

 私の朝ごはんは毎日決まった食べ物しか出てきません。 最近、糖質制限で大好きな白い御飯は止めましたが、以下の通りです。

 野菜ジュース1合
 生野菜:トマト1個、きゅうり1本、茹でブロッコリー大3房
 二つ目玉焼き、焼シャウエッセン2本、豆腐の味噌汁、納豆1パック

   もう結婚して20年になろうとしていますが、細かい変化はあれども大きな変化はありません。 これは私のリクエストであり、料理が嫌いな調理師の妻への思いやりでもあり、食材の在庫管理が容易、メニューをあれこれ考えなくて良い、とまあ良いことずくめの習慣であります。 私はこれを “餌” と呼びます。
 まだお茶店をやっていた頃、晩ご飯は料理好きな私が調理係、妻が洗い物係と上手く分担していましたが、個人タクシーになってから私が晩ご飯を作れるのは休日のみとなってしまいました。 でも、ブーブー言いながらも免許皆伝の妻は子供達に晩御飯を作ってくれています。 子供に事情聴取すると、昨日はイトーヨーカ堂のフードコートだったよとか、マックだったとか、セブンイレブンのお弁当だったとか。。。(爆笑)

 数少ない料理日、空で覚えている得意なメニューにも限りが有ります。 いろいろ手を替え品を替え、しかし、飽きはやってきます。 家族には好評で全く問題は無いのですが、私の心の中に飽きが。。。
 クックパッド先生にはいつもお世話になってますが、何か新しい挑戦、やったことの無い、家庭では無理であろう一品。。。

 そう、大好物のラーメンです、ラーメン製作。

 ネット上では皆さん色々と作って発表しておられますね。 憧れではありますが、手打ち麺なんて夢のまた夢、そもそもスープを取る手間を思えば食べに出掛けた方が良いってのが正常な判断というものです(キッパリ)。 でも、敢えて、いつかは、とは考えていました。

 きっかけは近所のスーパーのリニューアルでした。 精肉コーナーの冷凍ケースに鶏ガラとゲンコツが置かれ始めたのです。 役目を終わりかけている商店街と住宅地の我が家周辺で、こんなアイテムを置いて売れるのだろうか、と正直なところ仕入担当者のセンスを疑いたくなる品揃えです。 案の定、暫くして冷凍ケースの中にそれらの姿は見掛けなくなってしまいました。

 「お〜やっぱり無理だったかぁ〜」
 「買っておけば良かったなー」

なんて無くなってからそう思うものですね。 呟いたその言葉に妻が反応しました。

 「作ったら良いじゃん。ラーメン食べたいな〜」

 この言葉に弱いんです。(笑) スープ作りは容易じゃ無いぞっ!!  ネットを検索して見れば、鶏白湯ならば案外短時間でやっつけられそうだという感触を得ました。 麺は市販品で自作は見送り、醤油ダレは買った麺の付属品を使って、などと構想を膨らませます。 そして或る定休日、一寸足を伸ばして大きな食品スーパーへ行き、鶏ガラ2羽分を仕入れて戦闘開始です。

 1.沸騰した湯に鶏ガラさん2羽を3分間入浴させます
 2.取り出して水洗いします。血合いや残った内臓を洗います

   などと簡単に書いていますが、鶏ガラはかなりグロテスクな容姿なので根性要りますよ。もう、触れなくて、最初は。(爆笑)

 3.鶏、野菜を入れ、適当に水を張って圧力鍋をセット
 4.沸騰したらアクを取りきり、1時間加圧

 自然減圧後に見たら、あまり濁っていないんですね。 白湯なので、そこから蓋をせずに中火でグツグツ混ぜながら炊きます。

 5.やがて鶏さんの姿が消えて白いスープに
 6.ザルで液体を濾しつつ別鍋へ移動
 7.醤油等で味を調えスープ完成

 作業開始からざっと4時間。 手間が掛かったこと!  しかし、これが見事に美味しくて完全にラーメン作りへハマりました。 これ、残念ながら完成写真が無いのです。 もう、ガツガツ食べるのに夢中で。。。

 これは、その翌週に作った鶏清湯スープバージョンの写真です。

 

≪ファイル015へ|TOPページへ|

 

メールフォームからは24時間送信できますが、お返事は営業時間内になりますことを
予めご了承下さい。

タクシーご利用に関するご質問など、どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

横浜シティガイド協会会員
が運転する、特別な個人タクシーのご案内です。

初めて横浜を訪れるお客様には、 特にお薦めいたします。
素敵な景色と楽しいガイドで巡る、
特別な横浜ツアーです。

詳しい内容など、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご予約はお早めに