トップ > LONDON TAXI
2018/05/01 累積走行 225,757km

  ファイル017:【これ、JPNタクシーですよね?】

 とある昼下がりの桜木町駅。 お客様がタクシー乗り場に駆け寄ってきます。 そしてニコニコしながらご乗車・・・開口一番、

  「あ〜乗ってみたかったんだよ〜これ!」
  「これ、ジャパン・タクシーだよね〜!!」
  「こんなに広いんだねえ、車内!」

 もう何度言われたことか・・・(笑)。


こいつです、JAPANタクシー。(写真:nippon.com)

 トヨタが昨年から販売しているJAPANタクシー。  パッと見ただけで分かりませんかねぇ。  おまけに、車内の広さはまるで違うし。。。


 ロンドンタクシーTX4です。 間違うかねえ。。。(笑)


JAPANタクシーのサイドビュー(写真:トヨタ自動車)

 横から見ると似たような格好をしていますが、顔は全然こちらの方がハンサムでしょう?(笑)  ロンドンタクシーの外形を参考に、タクシー業界の意見も取り入れて、次世代を担うタクシー専用車両という触れ込みで華々しくデビューしたのも記憶に新しいところです。  思えばここ数十年に亘って、日産クルーであったりセドリック、トヨタコンフォートであったり、タクシー向け車両はありましたけれど、何れもセダンのネタ車に若干のタクシー的構造強化を施していたものでした。  ビジュアルはネタ車そのままでしたよね。  そこを今回、外形まで手を入れた、それに加えて車イス対応だって事で大変な話題を巻き起こしております。  ネタ車はシエンタです。

 「なぜシエンタなんだ? アルファードじゃ無いんだ?」

 どうしてこんな中途半端なサイズのタクシー専用車を作っちまったのでしょうか?  言いたいことは山ほど有りますが、私はこの車は買いませんし、関係ないのでこれ以上言いません。

 ひとつ、この車の登場によって “車イス乗降料金” を新設しようという業界の動きがあります。  車イスの乗降に非常に手間と時間が掛かり乗務員からクレームが出ているとか。  「乗降時にイヤな顔をされるくらいなら、乗降料金に賛成」  という障害者の方のご意見も聴いたことがあります。  これ、疑問に思うのは私だけですかね??  ちなみに私のTX4は車イスの乗降に5分なんて掛かりませんよ。

 

≪ファイル016へ|TOPページへ|

 

メールフォームからは24時間送信できますが、お返事は営業時間内になりますことを
予めご了承下さい。

タクシーご利用に関するご質問など、どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

横浜シティガイド協会会員
が運転する、特別な個人タクシーのご案内です。

初めて横浜を訪れるお客様には、 特にお薦めいたします。
素敵な景色と楽しいガイドで巡る、
特別な横浜ツアーです。

詳しい内容など、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご予約はお早めに