トップ > LONDON TAXI
2018/06/10 累積走行 231,169km

  ファイル018:【国産ウィスキー販売中止?】

 ウィスキー大好き人間にとってちょっと驚きのニュースが流れました。 サントリーが “白州12年” と “響17年” の販売を中止するそうですね。 なんでも、ちょいと以前はウィスキー人気は低迷の時代だったそうで、それに合わせて生産量を抑えて調整してきたそうです。 ところがNHK朝の連ドラ “マッサン” ブームで人気に火が付いたところへ炭酸割りを強力にプッシュしたものだから、今度は原酒が足りなくなったんだとか。 まあ、12年ってんですから、最低それだけの期間樽で寝かせる訳ですもんね、需給予測は難しい。

 しかしですね、白州や響を炭酸で割るかね?

 日本の誇る白州モルト、そして響はサントリー創業90周年記念に生まれたブレンデッドの極みでしょう? そもそも私はお酒に手を加えたり割ったりってのは余り好きじゃ無いんです。 なんか申し訳ない気がしてダメなんですね。 ウィスキーの味見にはトワイスアップって言って、酒と同量の水で割って味見をすると酒質が良く分かるんだそうです。 私は別に味見が目的ではないですし、ストレートが一番美味しい。 ロックはたまにやりますが、段々氷が溶けて酒が薄まっていくのがどうもねえ。

 今、好んで飲んでいるのはブラックニッカ・クリアです。 一本650円位で普通にスーパーで売っている物ですが、こいつがなかなかコスパ良いわけで。 なんでもスコットランドモルトがベースだとかいう噂が。 結構華やかな香りがしまして、お気に入り。

 純国産の白州も飲みましたけど、いや、美味しいですよ、でも異様に高いじゃございませんか。 スコッチを一通り飲んだ挙げ句に、何だ?国産のブレンデッドの普及品に落ち着いたの〜??みたいな、何だか笑い話のようです。。。

 しかしですね、メーカーはニッカですが中身は洋物でしょ? 日本のウィスキー規格(?)はスコッチやバーボンみたいにカッチリ出来ていないようで、外国産ウィスキーを主要原料に用いても国内メーカが作れば国産ウィスキーで通るんだとか。 なんか変ですけどねえ。
 まあ、安くて美味い酒が飲めれば良し、、、です。

 ブラックニッカよ、永遠に

 

≪ファイル017へ|TOPページへ|ファイル019へ≫

 

メールフォームからは24時間送信できますが、お返事は営業時間内になりますことを
予めご了承下さい。

タクシーご利用に関するご質問など、どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

横浜シティガイド協会会員
が運転する、特別な個人タクシーのご案内です。

初めて横浜を訪れるお客様には、 特にお薦めいたします。
素敵な景色と楽しいガイドで巡る、
特別な横浜ツアーです。

詳しい内容など、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご予約はお早めに