これまでの歩み

ページ上に戻る

ゼロクラウンは夜の顔


     開業一ヶ月が経ちました。

 日々の目標売上というモノがございます。 これは一ヶ月に掛かるであろう固定的経費に生活費、整備費用の積立等とを勘案して、 法人時代の走行キロ単価から逆算して、目標走行何キロ、目標売上○○円と決まるモノと理解しております。 まあ、これくらいはやらないと、食べていけませんよ〜〜というラインですね。 もう、既にサイは投げられております。
ところが。。。。

     目標売上に、全然届かない。
     (業界用語で「出来ない」と言います。)

 法人時代と営業スタイルは大きく変わっておりません。 朝の通勤時間帯から宵の口まで、関内を流す流す、ひたすら流す。 昼飯も食わずに、一日200キロ走行が目標でござんす。 ところが、走っても走っても売上が付いてきません。 恥ずかしながら、、、キロ100円切っております。

     どうした??なかはらタクシー。。。。。

 これはマズイ。 昼勤では喰えない、という事実を突きつけられました。 何とかなるであろう、という超楽観主義者の私でも流石に参りました。 降参です。 観光営業がない日勤は悲惨。

     夜勤やってみるか。

 悪魔がささやきます。 身体のためにも日勤で、夜働くのは寿命を縮める。 とは言っても、ねえ。。。。。

 そう言えば、車両は何を使っているのか、お話ししていませんでした。 個タクにとって、営業車両に何を使うか、は大事な要素であります。 譲受したのは、平成十六年式クラウンロイヤル、所謂ゼロクラであります。 ぴかぴかに輝く濃紺のボデーは、8年使われた車両とは思えないくらいの美しい外観。 乗り心地はさすがに高級車ですね、200キロ走っても身体に負担が来ません。 実に佳く出来たクルマでございます。

     こいつが夜になると暴れるんです。

 ご存じの通り、夜の関内はタクで溢れます。 ところがですよ、並み居る先輩に肩を並べて(失礼)、バンバン手が上がるんです、我がゼロクラ君に。 これはビックリです。 おかげさまで、キロ単価は大幅な改善。 しかし、一ヶ月経ってみて、、、、これらは単なるビギナーズラックだったことが判明〜。

     ゼロクラ君は、本当に夜の顔??

 ・・・・はぁ〜〜、どうなることやら。  

≪前の記事へ|TOPページへ|次の記事へ≫

ページ上に戻る

  

メールフォームからは24時間送信できますが、お返事は営業時間内になりますことを
予めご了承下さい。

タクシーご利用に関するご質問など、どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

横浜シティガイド協会会員
が運転する、特別な個人タクシーのご案内です。

初めて横浜を訪れるお客様には、 特にお薦めいたします。
素敵な景色と楽しいガイドで巡る、
特別な横浜ツアーです。

詳しい内容など、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご予約はお早めに