ロゴ

ご予約・お見積
044-272-9559
TX4の独り言

TX4の独り言
第41話~

第41話 引きこもりの愉しみ

2020/08/20 累積走行 303,220km

 コロナ第2波の襲来によって8月の夜の街は散々な状況になっていました。 ただひたすら我慢我慢の中原タクシーです。 そんな中、引きこもりのオジさんに思わぬ朗報が降ってきました。

「Microsoft Flight Simulator 2020」、8月18日発売!!

 何のこっちゃ? と思った方、フライトシミュレーターとは簡単に言うと「自宅のパソコンで飛行機を操って大空を飛ぶ」事の出来るソフトウエアのことです。 このソフトの歴史は古くて誕生は1980年頃。 1990年にはFlight Simulator Ver.4 という画期的なグラフィックを実現したバージョンがリリースされ、私を含めパソコン好事家の間で遊ばれていました。 まあ、遊びと言ってもやっている事は結構実際に近くて、プレイの積み重ねによって航空理論を身につければ、実機もそこそこ飛ばせるようになる。 まさに「シミュレーター」なのですね。 セスナや大型旅客機を操縦して離陸巡航着陸を自由に行えて、もちろん下手をすれば墜落や機体破損に至るのですが、基本、死なないので(笑)とても楽しい遊びなのです。 パソコンの普及に合わせて爆発的に広まったのですが、航空に無知だとやはり敷居が高くて、しばらく遊ぶと離れていくのですね。 それに、このソフトはグラフィック性能やCPU性能を非常に高度に要求してきまして、常に当時の最新スペックのパソコンを用意しないとまともに遊べないという点も足枷でした。 2007年にVer.X がリーリスされて以降、パタッと生産が止まってしまい、いつしか記憶の彼方に。。。。

で! 「Microsoft Flight Simulator 2020」、8月18日発売!!

 長い沈黙を破って再登場したわけで、進化しましたねえ!!   まず、地上の景色の描写が非常にリアルなのです。 これは私たちが普段使っているスマホ上のマップに現れる航空写真や地図データーが進化した恩恵で、見える景色は全く本物そのもの。 操縦感覚に関しても進化していて、風の影響が体感できる「浮遊感」、「翼に当たる風」を感じられます。 機器の操作について、電車も飛行機も同じなのですが、車庫に寝ている状態から始動して動かせる状態にするにはそれなりに手順があって、その辺もほぼ学べるので非常に興味深いです。 そして、何よりも勝手に自由に動かせる、飛ばせられるって本物の世界ではあり得ない訳で、法規や管制承認などお構いなしに思い描いたフライトプランで気ままな遊覧飛行を楽しめます。 それこそウイスキーグラスを傾けながら自動操縦にまかせて旅客になるもよし、かかる時間は実時間なので、大阪までは本当に55分、ロサンゼルスまで12時間かかります。

 コロナで鬱になっている今日この頃のオジさんには「うってつけ」の気晴らしになります。 実は10万円の給付金が入ってパソコンを買い換えたのは、まさにこの為だったのですよ!(笑)  皆が寝静まった深夜に「ブォ~~~~~~ン」ってエンジンの重低音が家中に響くので、家族からは顰蹙を買っていますが。。。




第42話 灼熱CPU

2020/09/05 累積走行 303,965km

 FS2020で遊んでいて、ふと気がついたのですが、

CPU温度 95℃

 これはいかん! って訳で直ちにシステムシャットダウン。 CPUには今流行の「Ryzen 5 3600」(6コア12スレッド)を使っています。 しょぼいリテールクーラーが付属していたのですが、何も考えずにそのまま取り付けておりました。 低消費電力(65W)のCPUなので、これでも冷却は大丈夫なんだろうな~と漠然と思っていたのです。
 が、とんでもない。 いやはや、フライトシム稼働中に計測したら全コアスレッドで最大稼働状態となっており、温度が97℃を超えてきています。 やばいです! と言うわけでCPUクーラーの更新を決意しました。 ゲーミングマシンの冷却というと簡易水冷キットが流行ですが、やはり電子機器の直近に水パイプを這わせることに大いなる不安があります。 それに、クルマもそうですが、冷却水は定期交換部品です。これは面倒です。

 というわけで DeepCOOL の NEPTWIN なるクーラーを購入しました。 Amazonで6,000円ほどの中価格帯クラスの品ですね。  こちらは空冷のサイドフロー型という形状で、12cmファン2個により2個のラジエーターを冷やします。 6本の銅製パイプがラジエーターを貫いて、イカツくて巨大。 こんな物が本当に必要なのか? と思ってしまうくらいの「てんこ盛り」感ですな。

 やるときは徹底してやるのが我が信条でして、パソコン筐体に収まる最大サイズでこれを選びました。 いざ取り付ける段になって、CPUファンコネクターが足りない事に気付きまして、Amazonで追加注文、竣工が先延ばしになりました。

 さてさて、DeepCOOLの実力や如何に!!




第43話 灼熱CPU

2020/09/06 累積走行 304,020km

 さて本日、DeepCOOLのNEPTWINなる空冷ツインクーラーをインスール致しました。 Core Temp というアプリで計測しましたが、ほぼアイドル状態で60℃近辺をうろうろ。 フライト中の最大温度は一瞬でしたが80℃という結果になりました。
 アイドル状態でもう少し下がるのかな? と思っていましたが、案外こんな物なんですな。 高負荷時の数値は概ね予想通りで、満足な結果と言えます。 何しろ98℃とかいう数字を見ていますからね。

やばっ! シャットダウンや!

と、叫びましたよマジで。
 マザーボードは MSIの B450 Gaming Plus MAX なのですが、此奴にもCPU温度をモニターする機能が当然あります。 画面の下の方にモニターを表示してフライトしてみましたが、CPU使用率は半分以下だし、温度もせいぜい70℃近辺までです。 マザボのモニターの方が何だか甘めの数字を出していて、大きく温度が変化するという訳でもありません。  ほんまに大丈夫かいな? と。 ところがCPUファンのパワー変化がエグかった。 60%くらいから100%まで、グワングワンと大きく振れます。 静音ファンなので騒音こそ出ませんが、暖房器具のような温風が。。。
 思うに、CPUに負荷が掛かると直ぐにファンコンに指令が出て、ぐわ~~~~っとファンを回してラジエーターを冷やす。 そこへCPUからの熱が追っかけ入ってきて、結果、CPUの顕著な温度上昇を抑えている。

佳きかなぁ~。

 10年以上、ハードウエアを弄っていなかったので、諸々こんなに進化していたなんて。。。もう浦島太郎ですね。




第44話 NHK出演

2020/10/17 累積走行 305,897km

 ご縁とは、ありがたいものです。 本日、NHK-BS1「地球タクシー」という番組の端っこに加わる事が出来ました。
 平和交通さんとは観光タクシーの講習会を通じて、一昨年来お付き合いをさせていただいて来ました。 このたび平和交通さんが「横浜を走る」という番組タイトルで出演をされるという事で、この間のご縁というわけか?  なんと私にも「一緒に出演しませんか?」という、なんとも有り難いオファーが舞い込んできた次第です。

 地球タクシーは50分番組です。 無論CMの無い放送局ですから、正味の50分。 で、平和交通さん2名、三和交通さん1名、都市交通さんからも1名と、個人代表??で私というわけでござんす。 5人で分け合う50分、お一人様10分近くも頂戴できる。 これはヤバいです。




第45話 コロナ第3波の脅威

2020/11/22 累積走行 307,709km

 ついにコロナが身近にやってきました。
 11月6日に組合員に最初の感染陽性者が出て、10日に2人目、そして18日には3人目の感染者が出ました。 3人目は非常勤役員だったので、常勤役員の私も感染を疑われる状況となったので、18日に他の役員と一緒にPCR検査を受ける事になりました。 19日夕刻には『陰性』判定が出たので一安心したのですが、相当ビビりましたわ。

 組合会館に一般組合員は原則立ち入り禁止。 組合職員さんに感染が広がるとチケット換金業務が止まったりして影響が大きいので、やむを得ません。 18日には職員さんたちの協力を得て、バリケードの設置に右往左往。 組合員さん達にとって、会館は自分達の城のようなもの。 締め出しを食らうのは大変心外でしょうが、ご了承願うしかありません。 副理事長の私としては、致し方ない判断でした。

 日毎にどんどん感染者数が多くなってきているのを見ると、背筋に寒気が走ります。 昨夜、政府は慌ててGOTOキャンペーンの見直しを行うと発表しましたが、判断は各都道府県知事にお任せする?といいます。 こんなの判断でも何でも無いじゃありませんか。 各県へ責任の丸投げですか? 政府の予備費は7兆円くらい余っているのでしょうから、もう直ぐにGOTOはストップして、 各都道府県に対して十分な休業補償対策費用なりを配分して、政府はしっかり尻を拭くから頼むよ!くらいのことを言えないのでしょうかねえ。

 菅総理、終わった。
国家、国民の緊急事態に際して、責任を取ろうとしない政府は要りません。 自民党でも何でも良いから、まともに政治の出来る人を出してください。

ご予約・お見積はコチラ

メールでのお問い合わせは24時間365日受付中!

044-272-9559

電話対応時間:12:00~24:00

ページトップへ戻る